夫婦墓を利用してパートナーと永代共に過ごす│供養の悩み解決墓

墓

お墓について考える

注目の墓

日本では亡くなった後にお墓を利用して永代供養を続ける文化がありますが、昔とは違い現在では様々なお墓のスタイルが誕生しています。霊園やお寺など、お墓を置く場所によって供養の方法やお墓のあり方は異なりますが、その中でも注目されているのが夫婦墓です。夫婦墓は基本的に夫婦で新たに建てる墓全てのことを指し、夫婦が初代の先祖となる墓のことを言います。一方では、夫婦のみが入る墓のことを指すこともあり、長年連れ添ったパートナーといつまでも2人だけで過ごしたいという人などが利用しています。夫婦墓の場合、先代のお墓を継承する必要も無い為、2人で選んだデザインで自由に作れるのが特徴です。加えて、大きさも小さめで作られることが多い為、通常のお墓よりも予算を抑えることが可能となっています。

様々なお墓がある

夫婦墓の場合、自由にデザインを考えられるうえ、墓石で利用する石の種類も自分達で選ぶことが可能となっています。現在日本で墓石に利用されている石もかなりの種類があるので、自分達の条件や環境に適した墓石を選ぶことが可能となっています。夫婦墓を作るときには、吸水性の低さやキメ細かさにはこだわっておくのが良いでしょう。お墓の場合、住宅よりも長い年月の間その土地にあり続けるうえ、雨風から耐え忍ぶ強さが必要となります。吸水性が低い石を利用することによって、ひび割れやコケなどのトラブルを防ぐことができるので、長い間良いお墓の状態を保つことができるといえるでしょう。加えてキメが細かいとなると、耐久性もあるので長持ちすると言えるでしょう。

ニーズに合わせられる

夫婦墓は夫婦のニーズに合わせて自由にデザインを変えられるのが特徴です。墓石のオーダーに加えて、永代供養サービスも付いているところであれば安心してお墓の建設を任せることができるでしょう。

Read More...

しっかりチェックする

夫婦墓の建設と共に永代供養のサービスも利用する場合は、永代供養の期限をあらかじめ確認しておくのが良いでしょう。夫婦2人だけでお墓に入るにしても、もしもの為に夫婦墓をつくることを第三者へ伝えておくことが肝心です。

Read More...

利用できるお墓のスタイル

夫婦墓といっても様々なスタイルが誕生していますが、墓石以外でも樹木を利用したガーデニング墓地を採用する人もいます。ガーデニング墓地では、墓石を利用する場合に比べてコストを抑えることができます。

Read More...